借りる・返済・取り戻す・投資する【住宅・車・教育・株・FX・仮想通貨】お金のまとめ

借りる・返済・取り戻す・投資する【住宅・車・教育・株・FX・仮想通貨】お金のまとめ

新築だけではない中古住宅でも住宅ローン減税対策

新築だけだと思っていませんか?中古住宅を買うときでも住宅ローン減税が受けられます。

そもそも住宅ローン減税とは
そもそも住宅ローン減税をご存知で無い方もいらっしゃると思います。
まずはカンタンにおさらいします。

?毎年の住宅ローン残高の1%を10年間、所得税から控除
?所得税で控除しきれない分は住民税からも一部控除
?住宅ローンの借入れを行う個人単位で申請

また、100万円以上の増築や一定規模以上の修繕・模様替え、
省エネ・バリアフリー改修なども対象となります。
利用するための条件とは
210e962b 61cf 4d8b 808b d9e8f9331f1c
次に減税を受けるための条件がいくつかあります。
?自ら居住すること
?床面積が50m2以上であること
?中古住宅の場合、耐震性能を有していること
?借入期間や年収などその他※
※その他の条件
?借入金の償還期間が10年以上
?年収が3000万円以下
?増改築等は工事費用が100万円以上
となります。
どの程度の耐震性能が必要か
ポイントになってくるのが?の耐震性能についてです。
必ず耐震診断をするというわけでなく
築年数または各種証明書にて対応可能になります。

1.築年数の場合
?一般的な木造などは20年以内に建築された住宅
?コンクリート造などは(耐火建築物)25年以内に建築された住宅

2.上記にあてはまらない場合は次のいずれかになります。
?耐震基準適合証明書を取得
?既存住宅性能評価にて耐震等級1を取得
?既存住宅売買瑕疵保険に加入
になります。

ここでは最近お問い合わせが増えてきている
?既存住宅売買瑕疵保険に加入についてカンタンにご説明いたします。
既存住宅瑕疵(かし)保険は購入後の安心にもつながります。
321fca15 b2a1 4dfd 8632 73a56bfa6052
これまで日本の中古住宅売買は現状引渡しが一般的で、購入後に予定外の支出が発生する事が心配されます。事前に検査を行い購入後の瑕疵(かし)に対する保証が受けられる「瑕疵保険」に加入することで住宅ローン減税に対応するだけでなく購入後の安心にもつながります。
保険の詳しい内容については保険会社へお問い合わせください。
参考: 日本住宅保証検査機構(JIO)【既存住宅かし保険】保険付保証明書について
6cadf1e2 45b6 45be a3e1 cfef2f5a267d
コツ・ポイント

少しでも希望に近い中古住宅を取得するにはある程度の修繕・リフォームが必要になってくることが多いでしょう。家を買って家計が苦しくなっては本末転倒です。住まい探しの際には住宅ローン減税を利用して取得後の負担を減らすことも考えてみてはいかがでしょうか。

公開日:
最終更新日:2017/01/23